ぼっち大学生 ~未熟からの成長~

ぼっち大学生である自分のことをつらつらと

職場に潜むSOSの声

僕はアルバイトをしている。初めてもうすぐで1年だ。僕はバイトの良い所としていろんな人の価値観に触れられるということを頭に置いている。これを常に考えておくことによってストレスや怒りをコントロールできるからだ。

そう、今回の話すテーマストレスである。

こわ

ある人の叫び

僕は19歳の頃今とは別のバイトをしていた時に、辛すぎて癇癪が少し症状で出ていた。率直言うと自傷行為なのだが(ビンタ)、このことがとても辛かった。
最初は誰もいない場所で自分を責めてはビンタするという行動だったが、最終的には周りに人がいてもしていた。周りの人に怖いだとか大丈夫かこの人と思わせてしまったことは申し訳ない。

 

僕はビンタをある種のSOSのサインだと結論付けた。

 

私困ってますよ、助けてくださいという言葉が言えないがためにビンタという形でSOSサインを出していたと思う。
僕はこれを改善しようと自分を見つめなおした。なぜこの症状が出てしまうのか、ビンタしたくなった時に感じた感情を記憶して、次はしないように対処を考えようと試行錯誤した。

結果今では癇癪が出そうになる時に留めることができている。またそういう気持ちになる頻度も減った。

そして現在に至るわけなのです。

先日バイト終わり、僕は忘れ物をしたので作業している場所に戻り忘れ物を回収し終わった後、通路を歩いていると、ある人がまだ仕事をしていた。たぶん40代後半くらいの男性だったと思う。物を乱暴に扱っており、ガシャンガシャンとローラーの付いた運ぶ道具を積んでいた


そして、僕はその横を通り過ぎるのと同時にその男性の「あぁ~!」という完全にイラついているなという声を聞いた。最初はびっくりしてしまい、「おぉ」と言って普通に通り過ぎたのだが、少しした後に僕のあの時と状況が似てるなと思った

仕事がなかなか終わらずイラつくのは多少わかることだ。そして僕が感じたのは、真横で叫ぶ意味とはということだ。イラついて、あぁ~!となってしまいたい気持ちはわかるが、たぶん真横で叫んでしまうのは相当追い込まれていたのではないかと思う。ストレス発散のためなら僕がもっと先を行った後でもいいはずなのだ。しかし、この男性は僕の真横であぁ~!と言った、つまりSOSのサインを出していたのではないかと思った。

僕は引き返そうかとも思ったが、わざわざ戻って、「仕事終わりそうですか」などと話しに行くのは違うと思い、そのまま帰宅した。

大きな勘違いをしていたら申し訳ない。

 

自分がやれることはやりたい

 人が困っている時に自分がやらなくてはとなる時がある。その時は「助けたい」という気持ちと「どうしよう」などという気持ちと葛藤している。目に見えるSOSは助けることができるが、目に見えない、人の気持ちを汲み取ったSOSは助けるのはとても難しいことだと感じた出来事であった。

 

※noteで活動したものを貼り付けたものです。

ぼっち大学生の8月の予定  👈半年休んでいます

f:id:AkikanCream:20200802092806j:plain

 また長期休暇がやってきた。もうええわ。2~4月20日くらいまで春休みを過ごし、5~8月はオンライン授業、そして8~9月の間は夏休みだ。半年しか学校ないんだが!?

みなさんこれどう思いますか。僕は腐ってしまいそうだ。とりあえず就活の準備もコツコツとしていかないといけない時期になってきているので、そっちの準備もしつつ、できるだけ有意義に過ごしていきたい。
大学生になってから大学の友達と遊んだことは一度もない。女の子と海に行って遊んだこともない。そんな男の夏休みのスケジュールを紹介していく。

 

 

サボっていた経済学の勉強をやる

 僕はこのブログで何学部かを公言したことがないと思う。僕は経済学部生なのだ!!
と気合を入れるのはいいのだが、経済学の用語の説明がまるでできない。そうなのだ、ほとんど勉強してこないで、単位を取得してきたカスなのだ。今年度の単位をしっかり取れば卒業は余裕でできる。だけれど、本当の意味での「卒業」はできていないと思う。だって、車の免許取得しました!卒業しました!って言って、アクセルとブレーキの位置がわからないなんてことはないでしょ。だけど、僕は経済学のアクセルとブレーキの位置がわからないほどには内容を理解していない。

 

とんでもないことだ。

Qなんでそんなやつが卒業できるの?

なんででしょうね。日本の大学って優しいなとつくづく思います。みなさんお察しの通り、僕の通う大学は偏差値でいうと低いです。ある人が見ればボーダーフリーの大学かもしれない(Fラン大学って言葉が好きではない)。それくらいには低い。とだけ言っておこう。ただ、僕は前の記事でも書いた通り、大学のことが少し好きである。自信を持って、~大学に通ってます!!とは言えないが自分の通う大学くらいは好きでないと。

 

話は逸れたが、経済学の勉強を毎日2時間ほど時間を取って、ミクロ・マクロ経済学の基礎からやっていこうと思う。たぶん家でやっても集中が続かないので、図書館で取り組むだろう。

夏休みの中間、終わりごろにどれくらい理解したか記事に書こうと思う。ダメダメだったらボロクソに叩いてやってください。

 

 

ブログを毎日書く

 はてなブログはもう開設してから2年ほど経つのだが、最初はテレビの感想・あらすじだけを書いていた。これはアクセスが欲しくて書いていたのだが、全くと言っていいほど人を呼べなかった。僕の今の合計アクセス数が5,000PVくらいだ。たぶん2年もやって5,000PVは相当少ないだろう。一日だいたい10PV もいかないくらいだ。閲覧が増えるのはいいことだが、増えすぎてもプレッシャーになる。自分の文体がまだ完璧じゃないから大勢に見られるのは恥ずかしいという気持ちはあるのだが、ただ悔しいに尽きる。

毎日更新はしてないものの、100記事は書いた。中身がないものがたくさんだが、まぁまぁ書いてもだめかぁ~と落ち込む。しかし、逆にこんなに人に見られないのならば、好きなように書こうではないか。文章がおかしくても「てにをは」がちゃんと使えなかったとしても自分が好きなような文体をはてなブログで書いていこうと思う

 

 だが、僕は「生涯にやっておきたいリスト」の中で「自分の力でお金を稼ぐ!」という項目があるのだ。まずこの変なリストの紹介をしなくてはならない。このリストをすべて達成したら、悔いなく死ねるというものなのだ。人生は悔いなくが僕の座右の銘かもしれない。どうせ1年後には変わっているからなんでもいいのだが、このリストの中にお金を稼ぐがある。

なので、なんとか時間のある大学生のうちにクリアしておきたい項目であるので、なにしようかなと考えた時にブログしかないと思った。プログラミンなるものはたぶん挫折する未来が見える。Youtubeは顔出しはできないから無理。と考えると今まで散々やってきたブログを活かすしかなくなるのだ。じゃあ夏休みのうちに頑張ろうと思った。

僕はワードプレスを立ち上げて、レンタルサーバーを借りてすでに1記事目を投稿し終えている。既にこのチャレンジはスタートしているのだ。これを毎日書いて、30記事も書けば数百円は広告収入で入るのではないかと思っている。Googleさんに媚びて、良い感じの記事を量産していこうと思う。

結果は「9月の予定」で報告しようと思う。

 

 

まだ決めていない 

 おそらく上2つのタスクを真面目にやっていればもうできることはないと思う。ここで欲張って「英会話」や「プログラミング」などをやってもやる気が出ない。これ以上は何かをやらなくてもいいと思う。しかし僕は遊ぶ予定が一切ないのだ。大学生なら、遊びとバイトで予定がパンパンなのかもしれない。

 

 

余談

 この間ゼミで自己紹介をゼミ生の前でやることになった。僕は緊張はあまりしない。どうやら緊張を上手くコントロールできるらしい。そしていざやってみると全然下手なのである。何を伝えたいかがハッキリせず、早口になってしまって聞きずらかったらしい。もう一回言うが緊張はしていない。

僕はこの自己紹介にあたって練習を何回もやった。3分以内に話せとのことだったので、時間配分をしっかり決めて、要点をまとめた。練習は完璧だった。しかし本番は練習通りにはいかないものだ。言いたかった部分が飛んでしまう。これはコミュニケーションを取る頻度が極端に少ない僕だからこんなに下手なのか。それとも練習が足りなかったのか。 

緊張はしてない。

 

前回の記事

akikancream.hatenablog.com

 

闇記事

akikancream.hatenablog.com

 

 

僕の大学生活がこんな孤独なものだと誰も知らない。

ライトノベルのようなタイトルにしてみた。久しぶりのブログ更新だ。約2ヶ月ぶりの投稿だが、エッセイを書こうと思う。初めての試みだ。

3つくらいの見出しで書きます。

 

 ~お品書き~

 

僕の大学生活

 今年度の大学はコロナウイルスの影響で週に2回しか学校に行ってない。その二回というのも1限だけ受けに行く。片道2時間かけて、90分の授業を受けるためだけに学校に行くのは勿体無いので、少し早めに学校に着くようにしている。1限目に授業がある曜日は一番早く学校に着き、朝ご飯をまだ爽やかな太陽の光を浴びながら、自然を感じながらシリアルバーを食べている。

 

なんてことない過ごし方だが、この瞬間だけは大学が好きだと思える瞬間だ。僕はあまり大学が好きではない、良い所がないというより思い出がなさ過ぎるのが原因だ。だけれど、鳥のさえずりや木の揺れる音、周りにちらほらとしか人がおらず車の音も聞こえないこの環境。そしてどれだけ早く起きようとも日本の朝は気持ちいと感じることができ、自然とこの気持ちにさせてくれる大学が少し好きになった。

 

3年生になって急に友達が出来るわけでもなく、僕も一念発起して友達作りに励むわけでもなく、いつも通り大衆の波に逆らって歩いているだけだ。

 

 

許容範囲

 友達作りが上手くない僕は案の定大学で友達作りに失敗して、大学構内を一人で歩いているわけだが、やはり楽しそうにしている人たちとすれ違う時に少しの痛み、妬みというものが僕の心の茶碗に盛られている。ほんとに少し、米一粒くらいなのだが、これがかれこれ2年半ほど続いている。僕の茶碗はそれほどでかくない。一人前くらいなので、すぐに一杯になってしまう。1日経つと少し茶碗が軽くなるのだが、1日盛られる量が尋常ではない。なので、すぐに溢れてしまう。溢れた時は学校に行くフリをして定期券の範囲内にある駅で降りて、カフェに行き、読書をした後に神社にお参りに行くというのが定番ルートだ。

この神社に行く行為は大学を休む罪滅ぼしだと思う。というかそうだ。親に申し訳ないという気持ちが2%ほどあるので、賽銭箱にお金を入れて「謝罪」と「次は頑張ります」ということを唱える。もちろん5円を入れる。

 

人間は皆心に穴が空いており、寂しい、不安、ストレスという感情を感じると穴が広がるっていくシステムだと勝手に思っている。誰しも寂しいという気持ちを持っており、それを皆埋めようとする。僕だって、こうしてブログを書いて誰かに見てもらいたい、何か共感を得て欲しいという下心があり、寂しさを埋めている。広がり過ぎると防衛機能が壊れてしまう気がするから。

 

コロナウイルスが流行る前は毎日学校に通っていたわけで、考えただけでもよく耐えてたと思う。そして、よく一人で単位をほとんど落とさずにここまでやってきた自分を少しだけ褒めようと思う。今日の晩ご飯は回らない寿司を食べたい気分だ。

f:id:AkikanCream:20200721223045p:plain

 

 

僕の大学生活がこんな孤独なものだと誰も知らない。

 今日は午後から、最終コマに授業が1限だけあるので2時間前に着き、テスト勉強をしようと思った。今の時期は空き教室が多いため、誰もいない300人ほど入るキャパの教室で1時間ほど勉強をしていた。1年生の時は2つ単位を落としてしまったが2年生はフル単で乗り越えれた。なので、今頑張れば今年度中に大学の単位はすべて取り切ることになるので真剣に取り組む。ある程度やり、昼食を食べようと思いコンビニに行きおにぎりとサラダチキンを買った。

 

いつも朝ごはんを食べているあのベンチで食べることにした。午後ということもあり、学生が集まり賑わっていた。マスクは大学構内で義務付けられており、全員マスクは付けている。

賑わってる所から少し離れた場所に腰を下ろしサラダチキンから食べ始めた。今日は心なしか虫がとても飛んでいた。長い梅雨が続く中久しぶりの天気で虫たちもテンションが上がっているようだ。だけれど、僕にとってはそれは良くないことだった。なんせ僕は虫が苦手なのだ。なんの害も与えてこないのは重々承知しているのだが、どうしても苦手意識がある。それもあり、その場所から離れたいと思っていたら近くに鳩がやって来た。僕のすぐ足元まで来ており、「頼むから、仲良くしてね」と謎の同盟を結ぶことにした。こっちは驚かさないから、鳩も驚かさないでな!と釘を打つ。念というものが鳩に伝わるかどうかは知らない。鳩をなるべく気にしないでおにぎりを食べようとしたら、「バサバサバサ!!」僕の横に飛んできた。僕はとっさに

「Oh!!!!!」

と何故か外国人のようなリアクションをでかい声でしてしまい、恥ずかしさからすぐにその場を立ち去る。鳩に席を譲る羽目になった。

 

僕は耳まで赤くしてただろうけれど、マスクをしていてそれは誰にも気づかれない。調子を整えて場所を移しておにぎりを食べようと思った。移動した先は学生が出入りする少し離れたところの、3mほどの木を囲んだベンチに腰を下ろした。どうでもいいがベンチに座ってばかりだな。
そこでは学生の楽しそうな会話がここまで聞こえてきて、みんな楽しんでいるなぁ~としみじみと思った。20歳になってから同年代とほとんど話をしていない。今みんなはどんな話をして盛り上がるのだろうか、何が流行っているのか、イケてるファッションは何なのか。学校を卒業して会社に就職したらコミュニケーションは絶対に必須だろう。僕は仕事終わりの飲み会(仕事の延長のような)に参加し上司や同僚と話すのだろうか、僕は天才的な才能があるわけでもないので、一人で稼いでいくなんて到底考えられない。だとすると、やはり人とのコミュニケーションはこの先避けて通れない。しかし今は避けている。自分が傷つかないように避けている。この4年間のつけはいつか僕の重りとなってくるだろう。

 

こんなことを考えながら、おにぎりを食べ終えて授業に向かう。こんな大学生活を送っているとはバイトの人たちは知らないし、親も知らない。

f:id:AkikanCream:20200721224343p:plain

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

こちらの記事も多くの方に読んでいただいており、感謝しています。

akikancream.hatenablog.com

 

オンライン授業を受けている大学生のスケジュール

f:id:AkikanCream:20200518091628j:plain


     オンライン授業受けている大学生ってどんな生活なの?

 

 オンライン授業が開始しているであろう大学生はどんな生活しているのか僕自身気になるので、他の大学生がどんな生活をしているのか、たぶん1人くらいは気になる人がいるかもしれないので、僕のスケジュールを書いていきたいと思います。

 

~本日のお品書き~

 

 

 

 

 

とある大学生の 自宅学習の1日 (2限あるとき)

 

月曜日は2コマあるので、その時のスケジュールを話します。

 

7:00 起床

 

7:20~7:40 散歩

 

7:40~8:10 朝食や身支度

 

8:10~8:50 読書(主にビジネス書)

 

9:00~10:30 2限目にある授業の音声を聞きながら、資料を見る

 

10:30~10:45 休憩

 

10:45~12:15 3限目にある授業を同じように受ける

 

13:00~  昼食

あとはもう自由時間です。

 

 

オンライン授業は通常通りの時間に受けるの?

 これがのテーマで、みんな意見が分かれると思うんですよ。オンライン授業は僕の大学の場合、月曜日にすべてのコマの授業を受けることができます。課題提出が一応出席の確認となるので、それを提出してしまえば、極端な話1日ですべて終わらすことができれば、あとは何の気兼ねもなく休むことができます。

 

僕は、学校が通常に戻った時に生活習慣を戻すのが辛いので、通常通りに起きて、同じ曜日に同じ科目を受けています。

 

他の大学生のスケジュールも気になります。

 

午後からのスケジュール

 正直午後はバイトがない日は、もう休日と一緒ですから勉強をするかゲームをするか本を読むかYoutubeを見るかですね。

 

 

 

 

大学生はもう学生復帰無理じゃねww

大学生は春休みから数えると大体4カ月くらいですかね、大学にほぼ行っていないという状況が続いています。

 

この期間に何をしましたか?

 

こんな質問されたときには、全力で走って逃げるしかないですね。それかアワアワして終わりです。僕はなんもしてないので、こんなん言われたら心臓に悪いです。

しかし社会人になる手前なのでおそらく一度か二度は聞かれると思うので、自己分析とだけ言っておこうと思います。

 

この生活が終わって、実際の出席率はどうなるのか楽しみです。僕はたぶん行けません

 

まとめ

 たぶん、大学生はだらけている人よりも生活を直している人が多いと思います。今まで散々休んだわけなので(僕の場合 頑張っている人たちはお疲れ様です!)、この機会に改善している人は多いのではないかと思います。

 

オンライン授業が素晴らしい (継続求ム!!)

       大学生におけるオンライン授業は最高

 

f:id:AkikanCream:20200511191602p:plain

https://solopro.biz/zoom201707/

 

 コロナウイルスのせいで、春休みが延期に延期を重ねて暇を持て余して、これは学生復帰できるのか?と危うくなった時期にオンライン授業が開始した。この機会に生活習慣を見直しつつ、勉強に勤しもうと思った。実際にやってみての感想....

 

最高やないか!バカたれ!!

 

はい。最高でした。僕はぼっちなのでそれも相まって最高なのかもしれませんが、大学生として、オンライン授業のメリットが多かったのでまとめてみます。

 

 

 

~本日のお品書き~

 

 

 

 

 

朝のストレスが軽減される

朝の準備 

 僕は朝の準備の時間が1日の中で一番慌ただしく、余裕を持つことがなかなか難しい。朝食をしっかり食べたいけれど、できればギリギリまで寝ていたい... しかも、眠たすぎて目が開かず2度寝してしまう。

おそらく朝に弱い人は多いのではないでしょうか

 

だけどオンライン授業なら、眠い気持ちを抑えることなくゆっくり授業までゆっくり準備をすることができる。しかもその準備なんて学校に行かなくていいので、ぱぱっと終わらすことができる。

 

 

電車に乗らなくて済む

電車通学の学生にとっては、これが一番のメリットなのではないでしょうか。僕は長い時間電車に揺られるので、これさえなければなぁ...と思っていました。

電車で勉強とか読書をして時間をなんとか潰してるのですが、やはり人も周りにいますので、なかなか乗り気になれません。できることも限られてきますし。

 

だけどオンライン授業なら、この往復の交通時間をなくすことができるので、ストレスも軽減され、電車に乗っている時間より有意義に時間を使うことができます。

 

(これが最高すぎる。。。)

 

 

 

 

 

 自分のペースで勉強できる

 大学の授業は1コマ90分です。これを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれですが、僕は授業を受ける限りもう少しペースを上げて時間を縮めてほしいなと思う授業が半分以上あると感じました。

ゼミやグループワークをする授業は90分という時間は丁度いいと感じます。ただ、プリントを配布され穴埋めをする授業などは自分のペースでやりたいと感じていたので、いざやってみるといい感じでした

 

 

まとめ

 新型コロナウイルスによって、いつかは行われるであった形態が緊急事態という事で、2020年に実施されたわけですが、今回の反応次第では、もしかしたらこの形が普通になってくるかもしれません。
正直僕はこのオンライン授業がとても都合が良かったので、任意でオンライン授業がこれからも受けることができる授業があれば利用したいです。

 

デメリットとしてはやっぱ生の対話がないということですね。教える側も授業を用意してきて、学生の生の反応を確認して授業が完成すると思うので、なんだかなぁという感じではないのかなと思ってます。

 

オンライン授業なんて一昔前までは想像できないことでしたが、今では緊急事態となれば本気を出して、こうして形にできることが凄いなぁと思います。大学側にはこのご時世の中動いてくれて、感謝しています。

 

 

 

 なんかこの記事が結構多くの人の目に留まっているようで、嬉しいのやら、不安だったりと、なんにせよありがとうございます

akikancream.hatenablog.com

ゲーム実況者キヨさんについて語る 知識浅浅

        僕の中で一番面白いゲーム実況者

 

 僕がキヨさんを知ったのは中学1年生、約8年前です。友達から「キヨっていう人めっちゃ面白いから見てみ。特に青鬼の実況がちょー面白いから」と言われたのが見たきっかけでした。

自分のことをリアクション系実況者と名乗っているキヨさんの魅力を100文字から5000文字程度で伝えていこうと思います。

 

先日Youtubeの登録者数が250万人を突破したそうで、おめでとうございます。

 

f:id:AkikanCream:20200504212509j:image

 

 

~本日のお品書き~

 

 

 

永遠にボケ続けている

 キヨさんの全実況動画を見ているわけではないのですが、どの動画もふざけまくっているボケているのがキヨさんのイメージランキング1位になっているのではないのでしょうか。
キヨさんのことを片っ端から調べ上げているわけではないのですが、実況歴が10年以上なのは間違いないです。そしておそらく初期の動画でもふざけまくっているのではないでしょうか。

 

アテレコ無双

キャラクターのセリフを読み上げるアテレコ。これがあるゲームを実況してる動画は最高に面白いです。基本的に多くの実況者さんはキャラクターの顔や体格にあった声を当てています。

しかしキヨさんは基本的に遊びます。かわいい女の子ならドスの利いた声化け物みたいなキャラクターならひ弱な声、ラストシーンのボスは風を引いているなど。

これはキヨさんの代名詞とも言える”芸”ですね。

 

 

 

昔は下ネタに全振りだった

キヨさんは下ネタを結構言う人というイメージがある。

「ネコトモ」というとてもほのぼのしたゲームがあります。これはしゃべる猫と友達になり、着せ替えなど、友達を増やしたり、ストーリーを楽しむゲームです。

 

しかしこの男にかかれば別ゲーと化す。

結構なパートあるのですが、全編下ネタ&おふざけで実況しています。久しぶりに全編下ネタのキヨさんを見れて少し嬉しい気持ちになりました。

 

何が凄いかって、すべてアドリブで面白くしているので本当にすごい。本来こんなに笑えるゲームじゃないんだろうなと思って見ていました。

www.youtube.com

 

 

 

ポケットモンスター ベガの実況が神

 最近になってキヨさんの昔の実況動画を見ています。特にポケットモンスターシリーズベガの実況は最高です。このシリーズはまだキヨさんが完全体になっていない、少し初々しいキヨさんが見れる時期の動画です。

 

このシリーズも今とでは比較にならないほど全編下ネタであり、ふざけています。しかしキヨさんの真面目な部分もあり(しっかりレベル上げをして、一人残らず話しかける)キヨという人物を少し知れた気がします。

 

けど今よりそんなに動画撮影になれていない。だからびっくりするほど面白くない場面もあった。だけど今のキヨさんがあるから笑える。何年もボケ続けてきたから、今が最高に面白い。腐らずやってきたからこんなにもファンがいるんだと思います。

 

Zoomはしないぼっち大学生の春休み ~4月編~ 近況報告

お前の近況報告なんぞ知らんわ。と声が多方面から聞こえてきそうですが、4月に記事を書いていなかったので、手短に書いていこうと思います。

 

 

 私は約3か月間学生を休んでいるわけなのですが、みなさんはどうお過ごしでしょうか。

家で主にしていることは。

 

・小説を読むこと

・将来について思い馳せる

・アニメ鑑賞

・ゲーム

 

特に面白そうなことはしていません。行動力の高い学生はこの時間を使い、日本の未来を見据え、手に職を付けているのかもしれません。以前「プログラミングをやっている」などと抜かしたことを言っておりましたが、1カ月坊主でした。

何かを学ぶ際に「独学」という方法はとても根気がいるものだと改めて思いました。作戦と戦略をしっかり練ることができる人は才能があると言っていいと思います。上からモノ言ってすみません。

 

 

暇つぶし

 

レビュー

 一応ブログのテーマが「ぼっち大学生」なので、読んだ小説の感想などをこのブログに書かずにAmazonのレビューに長々と書いております。商品のレビューを書いて、「役に立った!」が押されると「自分のプレゼンは伝わったんだ!」という、なかなか達成感のある刺激になりますので、ほどほどにおすすめをしておきます。(アホなので日本語がおかしいとおもわれる。)

 

 

小説

 私は、小中高生と本を全くと言っていいほど読んできませんでした。おそらくその12年間で5冊読み切ったか、読み切ってないかくらいです。しかし大学生に上がり、運動をしなくなったので、自ずとやることが限られてきて、大学1年の5月ころから小説を読み始めました。

とりあえずいろんな作者がいる中で、芥川龍之介さん、与謝野晶子さんなど伝説の小説家さんの書かれた文は、日本語弱者である私には難しいかなと思い、本やでおススメされている本を読んでいました。

 

あるあるかわかりませんが、図書館で借りた本は読み切ることが少ないのに対して、本屋で吟味して買った本は読み切るんですよね。やっぱ自分が買うと愛着が湧くからですね。何を当たり前のことを言ってんだと。

 

まぁともあれ、小説はとても面白いです。作者の考えていることやこういう体験をしたのかなぁとか考えながら、主人公に感情移入したりと、暇つぶしにはもってこいです。

 

 

 

デジタルデトックス

 週2くらいで行っています。これの何が良いかと言いますと、

刺激が少ないので、心の浮き沈みがほぼないので疲れない

ネガティブな気分にならない

ネットを毎日見ていると、まぁ悪口を見かける頻度が高いのです。ネットニュースやコメントなどを見ていると、必ずどの話題にも悪口が書かれていて、それを見る度に心が動きます。それがとても嫌なので、たまにこういうことをしているのですが、なかなかいいものです。

 

私はメールやLINEがほぼ来ない。来てもニュース・広告なのでいつでもできるんですよね。

 

 

みたいなしょーもないことをやっています。進展があればご報告させていただきます。

 

f:id:AkikanCream:20200429003604j:image